AGAは放っておくと症状が進行し続け、最終的には改善不能になってしまうこともあります。AGAは早期治療が非常に大切で、主に治療薬の使用で改善を狙います。当サイトではAGA治療薬にどのようなものがあるか、使用方法や使用上の注意などAGA治療薬に関する内容を中心に記事を書いていきます。

AGA治療薬が男性専用な理由

この記事は約 2 分で読めます。

プロペシアやプロスカーは、AGA(男性型脱毛症)に効果があるとされる治療薬です。
フィナステリドの成分を含むことで、プロペシアと同様に脱毛改善に寄与するとされています。
特にプロペシアは世界初のAGA治療薬として有名ですが、日本では万有製薬が販売しています。
それまで海外のみで販売していたもので、日本では正式に薬事法の適用になっていないものの、効果は高いとされ、個人輸入をする方が増加しています。
それにはいくつか理由がありますが、1日1回のプロペシアでの効果は良いのですが、コストパフォーマンスの面からいうと、プロスカーはずっと良いことが挙げられます。
もともとこの薬品は、前立腺肥大などの排尿障害などに効くとされています。
しかし、その内容成分が、AGAの脱毛原因のジヒドロテストステロンの生成に必要とされる5α-リクターゼの抑制に役立つとわかり、AGAの改善に期待できると分かりました。

なお、このAGA治療薬は、女性は使用禁止とされています。
女性の男性型脱毛症も症状としてありますが、女性専用の物があります。
どうして女性は使用できないか?というと、AGAの原因が男性ホルモンにあるからです。
男性ホルモンを抑える事で改善されるものですが、女性にとって男性ホルモンを操作することは、体内の女性ホルモンの分泌を促進してしまうことになります。
薬でそのようなことをしてしまうと、女性特有の病気(乳がんや子宮体がん)等を誘発するとされています。
妊娠中の服用の場合、胎児にも多大な影響が出るとされていて、女性の薄毛に悩む方で、プロスカー等を安易に口にするのは危険です。
個人輸入もできる事で、身近に入手可能となっていますが、くれぐれも男性専用ということを念頭に考えるようにしてください。