AGAは放っておくと症状が進行し続け、最終的には改善不能になってしまうこともあります。AGAは早期治療が非常に大切で、主に治療薬の使用で改善を狙います。当サイトではAGA治療薬にどのようなものがあるか、使用方法や使用上の注意などAGA治療薬に関する内容を中心に記事を書いていきます。

プロスカーとプロペシアの違い

この記事は約 2 分で読めます。

同窓会に出席したとき、若く見られる人とそうでない人との違いは、頭髪の多さにあるので、もし抜け毛や薄毛に悩んでいる方があれば、育毛治療薬を使って対策するようにしてください。
育毛治療薬として知られているものにプロペシアがありますが、クリニックで処方してもらったり、個人輸入代行などで手に入れようと思うと、それなりに高額になるので、安価なジェネリック医薬品を選択する方も少なくありません。
プロペシアのジェネリック医薬品で人気が高いのはフィンペシアですが、もっと別の薬を使ってみたいと思うなら、プロスカーを選ぶようにしましょう。

プロスカーはプロペシアのジェネリック医薬品と思っている方もありますが、実はそうではありません。
両方とも同じ製薬会社である、アメリカのメルク社によって製造されている薬ですが、プロスカーはもともと前立腺肥大の治療薬として使われていました。
使い続けるうちに、患者に発毛作用が見られたため、それをもとに開発されたのがプロペシアです。
成分はどちらも同じフィナステリドなので、基本的には同じ薬なのですが、その成分量に大きな違いがあります。
プロスカーはプロペシアの5倍ものフィナステリドを含んでいるので、プロペシアに比べると少しお値段が高くなります。

しかしそのまま飲んでいる方は少なく、カッターなどを使って、4分割にして飲む方がほとんどです。
4分割にするとかなり格安になるので、コスト的には非常に良い薬といえます。
また、実はプロスカーのジェネリック医薬品としてフィンカーという薬も存在しています。
フィンカーは通販で購入することもできるので、通販でフィンカーを購入し、さらに分割して服用することによって最も格安で利用することができるでしょう。
育毛治療薬は長期間続けていかなければならないので、途中でやめるわけにはいきませんが、プロスカーやフィンカーなら薄毛治療の効果も高く、コスト的にも優れているので、プロペシア以外の薬をお探しの方は使ってみると良いでしょう。