AGAは放っておくと症状が進行し続け、最終的には改善不能になってしまうこともあります。AGAは早期治療が非常に大切で、主に治療薬の使用で改善を狙います。当サイトではAGA治療薬にどのようなものがあるか、使用方法や使用上の注意などAGA治療薬に関する内容を中心に記事を書いていきます。

エフペシアが安く買える理由

この記事は約 2 分で読めます。

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として知られているものに『プロペシア』があります。プロペシアは医師が処方する薬で、日本では正規の医薬品です。しかし、医師が処方してくれても保険がきかないのです。
ですので100%実費負担となるため、非常に価格が高いのです。育毛はすぐに効果が現れる症状ではなく、長期間で治療をしていくようになるので、なるべく治療費は抑えたいものです。そうした場合に登場するのが『』エフペシアです。 エフペシアは、正規薬品であるプロペシアのジェネリック薬品です。ジェネリックとは、薬の特許が切れることでその薬の有効成分や製造方法を模擬する制限が無くなるため、どこの製薬メーカーも同等の成分・製造方法で作ることができ、そのようにして製造された薬品のことを指します。 プロペシアには、男性型脱毛症に効果的とされるフィナステリドという成分が1mg配合しています。フィナステリドは皮脂と結びついて毛穴を塞ぎ、脱毛を誘発するとされるDHTの脱毛作用を抑止する効果があります。
また、エフペシアにも同量のフィナステリドが配合されており、両者に効果の差はないとされています。 そしてジェネリックの一番の特徴は、正規薬品と比べて価格は大幅に安いということです。プロペシアは製造された国により多少の差がありますが、約5400円~7500円程度です。
一方エフぺシアは、約2600円と半額以下で購入することができるのです。そのうえ、プロペシアはどの国で製造されたものも1箱に28錠しか入っていないのに対し、エフペシアは1箱に100錠入っています。
このことからもエフペシアがいかに安いかが分かります。 そのため、今までプロペシアからエフペシアに変更する人が増えています。