AGAは放っておくと症状が進行し続け、最終的には改善不能になってしまうこともあります。AGAは早期治療が非常に大切で、主に治療薬の使用で改善を狙います。当サイトではAGA治療薬にどのようなものがあるか、使用方法や使用上の注意などAGA治療薬に関する内容を中心に記事を書いていきます。

この記事は約 5 分で読めます。

発毛に有効な薬が開発されていますが、特に有効とされる2つの薬があります。
1つ目はプロペシアであり飲むタイプの薬です。
主成分はフィナステリドと呼ばれるものですが、男性型脱毛症の原因になっている物質を抑制する働きがあります。
根本的な部分から脱毛を抑制することができ、また、発毛サイクルも正常化させることができますので発毛し易い状態へと改善する為に役立ちます。
またこのプロペシアにはジェネリック医薬品もあり、少しでも安くプロペシアの効果を体験してみたいという方は、フィンペシアで脱毛を克服しましょう。

2つ目にミノキシジルという成分が挙げられます。
日本でこの成分を配合している発毛剤としてはリアップが有名です。
こちらの効果としては血管拡張作用による毛根の活性化です。
毛根への血流量を高めることができますので、それによって毛母細胞の分裂を促進したり、毛乳頭細胞を活性化させて発毛を促進することができます。
発毛に有効とされているのは主にこの2つの薬であり、いずれも医学的に効果があると認められています。

また、発毛のガイドラインでも対策として使用することが推奨されていますので、病院で治療をする時にもこういった薬が処方されることが殆どです。
なお、それぞれが高い効果を持つ薬ですから単独で使用して対策をすることも可能ですが、できれば2つの薬を併用することが望ましいとされています。
お互いに違った作用を持つ薬であり、併用することによって相乗効果を発揮させることができますので、より効果的な対策を行うことができるのです。
病院で治療をする際にも専門のところですと2つの薬を処方してくれることが殆どであり、それによって回復ができた実績も沢山あります。
一方だけを利用する対策方法の場合は改善効果が低くなりますので、最短での回復を目指すのなら併用するのが最適と言えるでしょう。AGA治療を成功させるには薬の力に頼ることも必要です。

女性の育毛における注意点

抜け毛が増えたり、髪の毛のボリュームが少なくなったことに悩まされるのは男性だけではないため、女性の中にも、毎朝のヘアセットに時間をかけ、どうすれば薄毛が目立たなくなるかということばかり考えている方は少なくありません。
女性は男性ほどには抜け落ちないかも知れませんが、頭皮が透けるほどの状態になると、見た目がよくないだけでなく、老けて見られてしまうので、昔のようなボリュームを取り戻したいときは、ミノキシジル配合の育毛剤を使うようにしましょう。

なぜ抜け毛が増え、髪の毛が薄くなるのかというと、加齢やストレスが原因で、血液の循環が悪くなってしまったからです。
血行が悪いと、本来頭皮に届くはずの栄養が届かなくなるので、髪の毛が成長しきれなくなり、細いままで太くならなかったり、すぐに抜け落ちるような状態になるのです。
ミノキシジル配合の育毛剤を頭皮に塗ると、血管が拡張され、血行が促進されるので、髪の毛が健康的に成長しやすくなります。
太くてしっかりした、抜けにくい髪の毛が生えてくるので、薄毛の悩みが解消されるというわけです。

このような高い効果のあるものなら、すぐに使いたいと思うでしょうが、女性がミノキシジル配合の育毛剤を使用する際は注意する必要があります。
それは男性よりも副作用のリスクが高いということなのですが、 女性はミノキシジルの配合量が1%の育毛剤しか使えないので、用法・用量を正しく守るようにし、間違っても男性用のものは使わないでください。
女性は男性よりも肌がデリケートですから、配合量が多いと、頭皮の炎症を起こしたり、かゆみに悩まされるようになります。
他にも血圧の低下や、体中の体毛が濃くなる多毛症などの副作用がありますし、妊娠中の人は避けた方がよいので、ミノキシジルの使用は、これらのリスクをよく考えてから決めましょう。

エフペシアが安く買える理由

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として知られているものに『プロペシア』があります。プロペシアは医師が処方する薬で、日本では正規の医薬品です。
しかし、医師が処方してくれても保険がきかないのです。ですので100%実費負担となるため、非常に価格が高いのです。
育毛はすぐに効果が現れる症状ではなく、長期間で治療をしていくようになるので、なるべく治療費は抑えたいものです。そうした場合に登場するのが『』エフペシアです。
エフペシアは、正規薬品であるプロペシアのジェネリック薬品です。ジェネリックとは、薬の特許が切れることでその薬の有効成分や製造方法を模擬する制限が無くなるため、どこの製薬メーカーも同等の成分・製造方法で作ることができ、そのようにして製造された薬品のことを指します。

プロペシアには、男性型脱毛症に効果的とされるフィナステリドという成分が1mg配合しています。フィナステリドは皮脂と結びついて毛穴を塞ぎ、脱毛を誘発するとされるDHTの脱毛作用を抑止する効果があります。
また、エフペシアにも同量のフィナステリドが配合されており、両者に効果の差はないとされています。
そしてジェネリックの一番の特徴は、正規薬品と比べて価格は大幅に安いということです。プロペシアは製造された国により多少の差がありますが、約5400円~7500円程度です。

一方エフぺシアは、約2600円と半額以下で購入することができるのです。そのうえ、プロペシアはどの国で製造されたものも1箱に28錠しか入っていないのに対し、エフペシアは1箱に100錠入っています。このことからもエフペシアがいかに安いかが分かります。
そのため、今までプロペシアからエフペシアに変更する人が増えています。